最近のWeb界隈のトピックとしては、

常時SSL化(https化)

が、要対応事項として注目されています。

 

この記事では、この「SSL化」の概要とメリット、
そして、個人アフィリエイターも対応すべき理由を解説します。

SSL化の意味とは?

SSL化は、一言でざっくり言うと、
サイトを暗号通信化する」という対応です。

 

具体的には、サイトドメインを「http:」から「https:」にする、
という対応です。

 

これによって、ユーザーがサイト上に入力した個人情報などを、
他サイトなどが盗み見るようなリスクを激減することが出来ます。

 

そのため、個人情報を扱うECサイトなどでは、
個人情報入力ページにSSL化を施すことが一般的でしたが、

それを「サイト全体に拡大し、全ページをSSL化する
ことが推奨されているのが、最近の動きです。

Googleが推奨したのが大きい理由

このSSL化が活発化している最大の理由は、
Googleが「SSL化しているサイトをSEO上評価する」と、
アナウンスしたことですね。

 

これにより、法人やECサイトだけでなく、
個人のブログにおいても、SSL化する必要性が出てきました。

 

また、近い将来、SSL化していないサイトに、
警告的な表示が出る、という情報もあります。

SSL化の方法は?

さて、肝心のSSL化の方法です。
これは、個人でも作業することが出来ます。

 

流れをざっと説明しますと、

①サーバーのコントロールパネルで変更作業
②ワードプレス上で変更作業
③リダイレクト設定
④使っているWPテーマに応じて作業
⑤アナリティクスやサーチコンソールの変更登録

大体、この5つの作業という流れになります。

 

図解でのSSL化手順は、以下の記事にまとめましたので、参照ください。

⇒「ワードプレスをhttps化する際の図解手順(さくらサーバーでのSSL化)

 

なお、SSL化のやり方は、使っているサーバーによって、
やり方が結構異なります。

 

上の記事は、私の使っている「さくらのレンタルサーバー」
における事例です。

 

あなたのお使いのサーバーが、さくらのサーバーでなく、
エックスサーバーなどの場合は、「https化 エックスサーバー」
といった要領でやり方を検索してみてください。

 

おすすめの記事