いろんなノウハウに手を出す前に、“絶対やっておくべき集客ノウハウ”がありますので紹介します。

それが「電子書籍」。

これは、個人でも簡単に、しかもノーコストで出版できますので、
やらない理由がない方法です。

私は、2018年最強の集客方法は、この「電子書籍」と考えているのですが、
その理由をお伝えしていきましょう。

電子書籍の出版方法

電子書籍は、紙媒体の本ではなく、スマホやタブレットなどで、アプリをとおして閲覧する、文字どおり電子媒体の書籍ですね。

最近は、書籍が出る場合も、紙だけでなく、Kindle版も併せて出版される、というように、「紙+電子」で出ることが一般的になっていますよね。

Kindleが最大の電子書籍サービス

Kindle(キンドル)は、ネット通販最大手のAmazonが運営する電子書籍サービスで、書籍、小説、マンガなど、様々なジャンルの本がありますし、あなたも既に利用されているかもしれませんね。

その他、電子書籍のサービスとしては、Appleの運営する「ibooks」、Googleの運営する「GooglePlayブックス」というように、出版社や企業別にいろいろなサービスが存在します。

ただ、やはりAmazonが現在のところ、「世界最大の本屋」なので、この記事で言う「電子書籍出版」は、Kindleで電子書籍を出すことで説明していきますね。

出版の方法とポイント5つ

電子書籍の出版方法は、実はとても簡単で、「無料レポートスタンドにレポートを掲載する」のと同じ作業内容です。

電子書籍の出版方法について、知りたいであろうポイントを簡潔に説明しますね。

 

①個人、ハンドルネームで出版OK。

個人でも出版できます。資格は必要ありません。

情報起業と違い、ハンドルネーム(ペンネーム)で出すこともOKです。

 

②Wordで出版できます。

出版のデータ形式も難しいものではなく、「Word」に文字を書き、図を載せたものをそのまま出版できます。

昔は「epub」という独特なフォーマットが必要でしたが、現在はワードやパワーポイントが使えるようになりました。

なお、表紙はJPEGなどで作ります。

 

③AmazonのKDPに販売者登録します。

出版する書籍のデータが出来たら、AmazonのKDPに販売者としての登録を行います。そこでは、氏名や住所、売上が出た場合の振込先などを登録します。

続いて、書籍の登録も行います。本のタイトル、内容紹介、価格などですね。

 

④審査が終わると、販売開始です。

販売者登録や書籍の登録・審査が完了すると、すぐにAmazonのkindleストアで販売が開始されます。

文章量にもよりますが、審査はかなり早く、だいたい24時間以内には完了しますね。

 

⑤売上の35%(ある条件で70%)が利益になります。

基本的に、売上の35%があなたに入ってくる利益です。

例えば、1冊100円の本が売れたら、1冊あたり35円が、利益として振り込まれるわけですね。

基本はこの35%なのですが、「KDPセレクト」という条件を満たして出版することで、35%から70%にロイヤリティを上げることが出来ます

KDPセレクトの条件とは、

  • Amazonだけで独占出版すること
  • 価格を250円~1250円の範囲にすること

大きくは、この2点です。

この2点がOKの場合は、KDPセレクトを選択した方が、メリットがありますね。

電子書籍を出版する5つのメリット

メリット1:大量に自動で集客できる

Amazonは、世界最大のECサイト(ネットでモノが買えるサイト)であり、日本国内においても第1位。日々、多くのユーザーを引き付けているサイトになります。

そこに、無料で、あなたのサービスやブログを紹介できる書籍を置けますので、集客効果は大きくなります。

私も、2冊の電子書籍を出版していますが、ニッチなジャンルの書籍にも関わらず、月20冊ほどを販売できており、その中からメルマガ登録してくれるユーザーを増やしています。

また、書籍の販売件数が徐々に増えていくと、「他のお客さまは、この商品も買ってます」というような関連書籍として表示される回数も上がっていきます。

そうすると、ジャンルに興味のある濃いユーザーを、自動で集客できる(回数も増える)ようになるので、1つの本を出版し、あとは放っておくだけでも、集客効果は高いといえます。

 

メリット2:ノーコスト、ノーリスクの手段

一般的な集客方法は、広告費などがかかりますが、このKDPを使った方法は、文字通りノーコスト、ノーリスクの集客方法になります。

しかも、書籍が売れれば、その分に応じたロイヤリティが入ってきますので、集客しながら、利益も手にできるという、他にない集客手段になっています。

 

メリット3:ブランディングに繋がる

電子書籍は、中身さえできれば、1日2日で簡単に出版することが出来ます。そこが紙媒体の出版との大きな違いですね。しかも、個人でも簡単。

そして出版することが出来れば、ブランディングにもつながります。

プロフィールに「電子書籍を出版しています」と書くことが出来れば、少なくともその分野について詳しいというイメージが出来ますよね。

知名度や権威性をアップさせるのに、即効性の高い方法といえます。

 

メリット4:特典や、情報起業用に活用できる

メルマガ登録特典や、購入者特典として、電子書籍をプレゼントするのも、成約率や満足度を上げるのに役立ちます。

単にPDFをプレゼント、というよりも、「電子書籍をプレゼント」という方が、お得感や高級感も出ますね。

また、一度出版した電子書籍に、コンテンツをさらに追加して、単価の高い情報商材として出版する、というように、将来的な利益率アップに活用することも出来ますね。

 

メリット5:これまで作ったコンテンツが活かせる

あなたが、これまでにブログ記事や無料レポート、自社商品などを作ってきたのであれば、それを電子書籍の形にして、Amazonに掲載してみましょう。

これまで作ってきたコンテンツを再活用することが出来ますし、上で書いたように、ワードで出版出来ますので、手間はほとんどかかりません。

また、YouTube動画なども、文字で書き起こして、電子書籍にすることが出来ますね。(文字の書き起こしも、ランサーズなどに外注すると早いです)

 

電子書籍で集客を倍増する必須テクニック3つ!

本記事は、電子書籍の売り方、ではなく「集客のために、電子書籍をどう使うか」が本題なので、集客に結び付けるための電子書籍活用のポイントを3つお伝えします。

ポイント1.サービスへのURL・説明をきちんと入れる

言わずもがなではありますが、あなたのブログ、メルマガ登録ページ、自社商品など、ユーザーを誘導したいところへのリンクをしっかり入れましょう。

そして、説明もつけること。

 

「私のブログはこちらです。⇒URL」というように、簡素な説明だと、広告としての意味がありません。

  • サービスのURL
  • サービスの内容
  • どんな方に役立つのか
  • どんなベネフィットがあるのか

といった説明は、最低限入れておく必要があります。

 

例えば、

「⇒メルマガ登録ページURL。

このメルマガでは、株式投資未経験の方のための「株の始め方」を、毎週1回発信しています。

主なコンテンツとしては、「毎週の注目銘柄10選」「テクニカル手法講座」「有名アナリストの主な発言」などをピックアップして、お届けしています。

メルマガ登録で、今なら「“最も手数料の低い”株式口座開設」マニュアルと、「低位株投資の極意」マニュアルの2つをプレゼントしています…」

といった要領ですね。 

 

書籍の本編を書くのに力をいれるのはもちろん、最後の集客部分もしっかり書くことが大事です。

ポイント2.サプライズのプレゼントを入れる

ユーザーの満足度を上げ、サイトへのリピート訪問や、メルマガ登録などを増やす方法として、「プレゼントを付ける」のが効果的です。

書籍の内容に関連した、ノウハウPDFや動画、ツールなどが良いでしょう。

それをダウンロードできるページを、あなたのブログに入れておけば、アクセスアップも期待でき、一石二鳥です。

こうした特典(プレゼント)を最終ページ前に付けることで、集客後の成約アップにもつながります。

ポイント3.レビューを書いてもらう

そして最後に、集客をグッと楽にするテクニックを紹介します。

電子書籍がダウンロードされる一番の要素は、「レビュー件数が多く、しかも高評価レビューが多いこと」。

経験的にいえば、

レビュー数が10件以上、星の数が4以上になると、売れ方も爆発的に増えていきます。

Amazonで買い物をしたことがある方はお分かりと思いますが、書籍を買う際に、この星の数を参考にしている方は少なくない、ということですね。

 

では、高評価を増やすにはどうするか。

もちろん、書籍の内容をしっかり推敲して、濃い内容を書くというのが一番です。

そして、もう1つの方法は、上の項で説明したように「プレゼント」を付け、そのプレゼントページに「レビューを書いてくださいね」という文言を入れておくことで、満足度の高いレビューが増えていきます。

ということで、プレゼント&レビュー依頼の仕組みも、書籍内に作っておきましょう。これが圧倒的に集客を高める秘訣です。

電子書籍を作るのにお勧めの本

私が参考にしたのは、こちらの電子書籍(99円)。

図解も豊富で、無駄な説明が無いので、非常に使いやすい書籍でした。

 

以上、電子書籍を「集客として使う方法」を解説しました。

ノウハウを発信しているアフィリエイターには、非常に親和性も高いですし、デメリットがないので、ぜひ活用してみてください。

本気で使っているプレーヤーが少ない、今がチャンスが大きいと思いますよ。

おすすめの記事